オンラインカジノをはじめる前の豆知識

ネットでギャンブルをはじめる前に合法で信頼できるものか調べる必要があります。

オンラインカジノは口座も無料でつくれる

スタートするにあたっての準備

オンラインカジノは知ってる人はもう楽しんでることだと思います。カジノはネットカジノなら無料で試せたりします。オンラインだと面白そうだけど、どうすればいいかわからない、損がこわいなどいろいろ感想があると思いますが、興味はあるはずです。

最初に言いたいのは、日本の法律は、オンラインのカジノ利用禁止の法律がなく、プレイしては捕まったり罰せられた方はいません。もしもこれを取り締まる法律ができても、それまでは大丈夫です。また、多くのオンラインでは日本語サポートがされていて、英語ができなくてもプレイできます。今までこうしたもので不自由したことはなく、メール返事、サポートの電話もすべて日本語対応。そして、肝心なことはオンラインで勝てるかということ。もちろんギャンブルなので100%勝てる保証はなく、それでも他のギャンブルより勝てるケースが高いものです。何より他と比べれば圧倒的に高い還元率で、本場さえないほどプロモーションボーナスがあります。自分の好きな時間じぶんのペースで好きなだけ行え、これで勝てなければ他のギャンブルで勝つのは難しいでしょう。

では始めるに従いどうすればいいでしょう?やみくもに突っ込み痛い目を見るのは嫌なもの。慣れるためそれぞれのオンラインカジノでソフトダウンロードして無料で練習してみてもいいですが、無料では面白みがありません。最初、リスクをおかすことなく本気の勝負をするため入金しなくてもリアルマネープレイできるキャンペーンを探すと、こちらで勝てば現金がもらえ負けてもリスクがないです。そして具体的にやってみましょう。まずオンラインで遊ぶため専用口座を作りましょう。2000以上あるオンラインでどこを選ぶといいかと言えば、第一に日本語サポートがしっかりしており、信頼性があること。これから入金しなくてもリアルマネーでプレイできるボーナスがある。

オンラインを選ぶには、一番大事なことは、勝てることや安全性で、完全合法といい難いオンラインですので、騙されたら誰も責任をとれません。オンラインギャンブルはカジノ以外にあります。麻雀やスポーツブックもそう。そして口座も作って、お試しプレイをしてみたら、ネット上のオンラインで使えるネットバンクはありますか?ネットショップでも使える銀行は無料口座を作れるので、作っておきましょう。オンラインカジノで忘れていけないことは、日本でまだオンラインの逮捕者はいませんが、未成年のリアルマネーのゲームはできません。ギャンブルは自分の稼いだお金だから面白いわけで、親のお金で賭けても本質は見えてきません。そして、オンラインはギャンブルで勝てる作戦を提供しても絶対勝てる保証がなく、投資や人生は自己責任です。そして、オンラインのプロモーションボーナス利用で、露骨にボーナスのみとろうとしすぎたら、スパムとみなされてしまい、取引停止になってしまうことがありますから、注意。分からないことは、メールとしてみれば、日本語対応のところなら、日本語スタッフが親切に答えてくれて、悩むよりもそうしたほうが早く解決できます。

ネットで調べてみると、マーチンゲール法、バーレー法といった必勝法と呼ばれるものをいくらでも探せますから、それを活用してみてはいかがでしょうか?ブラックジャックはプレーヤー、ディーラーに2枚カードが配られて、合計をより21に近づけることになります。21を超えてしまってはいけなくて、プレーヤーはカード合計21まで何枚でもひけますが、手持ちカード合計21を超えたらそのハンドは負けになります。各プレーヤー2枚受け取りフェイスアップ。ディーラーは1枚受け取ってフェイスアップし、プレイヤーはスタンド、バーストになるまで好きなだけ追加カード要求ができます。そしてプレイヤーのみがクラシックブラックジャックを引いたら、ベットの1.5倍配当を受け取れます。参加者全員希望額をベットすればカードが配られスタート。ディーラーが16以下の手になれば、17以上までカードを引き続け、もし持ってるカード数字が21を超えたなら、負けに。2枚カードを受け取ったら、ダブルを選べ、これは自動でベット2倍になって1枚だけカードが表向きにくばられます。プレイヤーは自動で配られたカード以外カードを引けません。最初2枚カードが配られた、あるいはベアをスプリットした後ダブル選択が可能。プレイヤーが最初2枚どんなペアでもひいたときにカード2つの手に分けることができ、スプリットのオプションは元のベットと一緒のベットで自動的に追加ベットが置かれ、それぞれの手は別の手として扱われ、スプリット時点で同額の額が分けた手にもかけられます。ですが、それぞれの手でエース1枚しかひけません。スプリットエースなら、プレイヤーの手がクラシックブラックジャックになった時でも約なし21としてカウント。よって、ディーラーのクラシックブラックジャックはディーラーの勝ち、21はプッシュで引き分けです。

パーレイ法の利点

パーレイ法は逆マーチンゲール法とも呼ばれており、ルーレット、ブラックジャック、バカラなど、勝率がおおよそ2分の1で配当が2倍以上のゲームに適しています。

自分なりのヤメ時、目標額を設定しておくことにより、少ない投資で大きく勝てるチャンスのあるマネーシステム方法です。

パーレイ法の手順

ハズレるまで前回の勝利で得られた配当全額を賭け続けます。

以下は配当が2倍のゲームで6連勝までいき、7回目で負けた場合のシュミレーションです。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 $1 $2 $4 $8 $16 $32 $64
勝敗結果 ×
配当 +2 +4 +8 +16 +32 +64 0
損益収支 +1 +3 +7 +15 +31 +63 -1

パーレイ法の注意点

途中でハズレれば即終了ですが、それでも初期投資額を失うだけですので、失ってもいい金額とどこまで連勝したら止めるかを決めて果敢にチャレンジすることが重要な方法だといえます。

gotoTop