オンラインカジノの違法と信頼性

日本ではオンラインカジノをやってはいけない法律はないが注意が必要。

オンラインカジノは違法性はありません

やってはいけなくはないが。。

あなたは、ブラックジャックとスロットマシン、そしてルーレット全部やったことありますか?日本の法律だと、オンラインカジノをやってはいけない法律はなく、その一方で正式に法的にしていいというわけでもなく、オンラインカジノに法律そのものがありません。一般解釈で、オンラインカジノで遊ぶことを許さないといった非合法化ではない現状で、プレイしてみても、摘発はないと言えます。プレイを規制するのでなく、運営が国際的なライセンスのもと行われている以上、違法にはなりません。

世界的には、政府が許可し、運営から税金を徴収するという方法が主流で、その流れに直接結びつくわけではないですが、日本もカジノ法案が議論の活発化されています。2020年の五輪に向けた取り組みの1つで、カジノ合法化が見えてきてる証。世界的娯楽も肯定的流れの中、日本の未逆行しオンラインカジノプレイを規制するような方向に行くとは思えません。そしてカジノは社交場として認知されていて、オンラインカジノもいま世界的に認められている娯楽の1つ。ですが、すべてがライセンスの元適正に運営されてるかと言えば、そうではなく、オンラインカジノサイトは世界で2千以上ありますが、厳格なライセンスを持っているのはわずかです。そして注意すべきことはオンラインカジノで現金を儲けてもいいからといって、他のギャンブルで同じように儲けていいというわけではないです。国内のどこかで現金を賭けることは賭博となり違法です。

時々ニュースになるマンションの個室でカジノみたいなゲームで現金をかけたりすることは法に触れます。そうしたことは論外として、オンラインカジノで正式ライセンスがあるカジノを選ぶことに成ります。オンラインカジノは違法ではないですが、数え切れないほどありますから、その中で正式ライセンスを取っている有料サイトを選びましょう。そしてしっかりしたカジノサイトを選べば安全。試しにやってみてください。せっかくなら一攫千金を狙ってみましょう。なぜならカジノゲームはだれでも高額のジャックポットを獲得できるチャンスがあるから。ビギナーズラックの用に始めていきなり大当たりということも考えられます。

肝心な点にお金の管理がしっかりしており、ゲームも公平に問題なく運営が成されているかが気になります。ギャンブルはお金を儲けようと思えば、入金し勝負してうまくいけば儲かり、出金する流れ。その最初の入金は、しっかり管理されるかどうか気になります。日本公営ギャンブルに英場がありますが、国が認めているギャンブルの1つ。公的機関で購入すれば賭けるのが不安とは思わないはず。ですが、公営ギャンブル以外であれば、大丈夫かと思ってしまうでしょう。そうした不安をオンラインカジノに当てはめれば、入金したお金がしっかり反映されプレイできるか・カジノゲーム自体公平性があるか・買ったとき出金が可能かなど疑問がクリアになれば納得できます。そうしたことは、カジノサイトの運営がしっかりしていれば安心。運営会社の内政が確認できれば安全性は担保できると思います。国が運営していれば大丈夫ということと一緒で、あの企業なら平気と思えるなら、安心できます。

オンラインカジノ会社の中には、自己の株式市場に上場するなど認知度が高いところもあり、オンラインカジノが盛んな国では当たり前のエンタメです。そして、株式に上場するのは、証券取引所をクリアしたことにより、お墨付きとなり、組織としていい加減なことはできません。上場することで情報開示が義務付けられます。オンラインカジノ運営会社が、有名サッカーチームのスポンサーになったりもします。そうした企業が運営している所なら、プレイしてもいいと思えます。パチンコはお金をかけうまくい怪我お金が増えますが、店内で出玉を現金に変えるのは違法なので、景品に変えてパチンコ店をでてからその景品を現金にします。これを三店方式と呼び、法規制をかいくぐるための方法です。警察庁はそうしたことを見てみぬふりしています。オンラインカジノはあくまでギャンブルですから、ジャックポットがあるといっても、もうからないこともあります。あなたも知っているはずですが、ギャンブルで必ずということは絶対にないです。よくある必勝法などに騙されないことです。儲かるかどうかわからないのがオンラインカジノで、それでも多くの方がプレイしていて、儲かる可能性がひくければしない方がいいでしょう。そして、世界で4000万、日本だけで100万人いるオンラインカジノ人口ですが、どうしてかと言えば、一獲千金を狙えるからです。数十万のジャックポットはしょっちゅうで、100,200万も割と簡単に出る世界。楽しいだけでなく、超ビックなお金が設けられるのもオンラインカジノの魅力です。そのチャンスが誰でもあります。プレイしてればいつかは訪れるはずです。

モンテカルロ法の利点

ルーレットなど勝率がおおよそ3分の1で配当が3倍以上のゲームに適しています。

実際にモナコ公国モンテカルロのカジノを破産させた投資法として有名な方法です。

1回の勝ちだけで、それまでの負け分を一気に取り返すといった投資法ではありません。

ある条件を満たすとその時までが1セットとなり、1セット終了時には必ず利益が出る方法です。

モンテカルロ法の手順

(1) まずは、「1・2・3」と数列を書き、両端の数1と3を足した$4を初期投資額として賭けます。

(2) 負けた場合、前回の賭け金$4を数列に加え「1・2・3・4」とし、両端の数1と4を足した$5を賭けます。

(3) 数列に加えるのは「次の数字」ではなく、「前回の賭け金」の数ですから注意してください。

勝った場合の手順は以下のようになります。

(1) 勝った場合には、数列から両端2つずつ、4つの数字を消していきます。

(2) 4回目「1・2・3・4・5・6」=賭け金$7に勝ったとすると、1・2と5・6を消し、3・4が残ります。

(3) つづいて3・4を足した$7を賭けます。勝てば数列がすべて消え、ここで1セット終了となります。

(4) (3)で負けた場合には【3・4・7】とし、$10を賭けます。ここで勝った場合も数列がすべて消えてしまうので、1セット終了となります。

(5)1セットが終了したら(1)に戻ります。

※一度の勝ちだけではマイナスの場合もありますが、1セット終了時には必ず利益がでます。

以下は初期投資額を1+3で$4とした場合に4回目と6回目に勝利して1セットが完了するまでのシュミレートです。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
数列 1・2・3 1・2・3・4 1・2・3・4・5 1・2・3・4・5・6 3・4 3・4・7
賭け金 $4 $5 $6 $7 $7 $10
勝敗結果 × × × ×
配当 0 0 0 +21 0 +30
損益収支 -4 -9 -15 -1 -8 +22

モンテカルロ法の注意点

マーチンゲール法ほどではないにしても、モンテカルロ法も負け続けると賭け金がそこそこ大きくなります。

ベットリミットが大きいカジノ選択が必要でしょう。

gotoTop