オンラインカジノで有効な入出金手段

ネッテラー撤退後、安心して使える決済手段について考察。

ecoPayzという世界電子マネーが話題に!

オンラインカジノをプレイする際に、必ず必要となるのが入出金できる口座です。口座振込や小切手の郵送など、チップの換金方法はいくつかありますが、もっとも手数料と手間が掛からない方法として、NETELLERを使った換金方法が主流でした。しかし、2016年9月15日以降、NETELLERを利用したチップの換金ができなくなり、現在はNETELLERを完全に使えない状態になってしまいました。そこで現在オンラインカジノで、どうやってチップを換金するか?というのが問題になっています。ここでは、NETELLERを使わないで、オンラインカジノのチップを換金する方法について紹介しています。

エコペイズが主力になる

NETELLERが使えなくなった今、オンラインカジノのチップの払い戻しを受け取るには、小切手か銀行振込しか方法ありません。小切手でチップの払い戻しを受けるには、小切手が手元に届くまで2週間前後、小切手を銀行に提出してから1ヶ月前後の時間が掛かります。銀行振込でチップの払い戻しを受ける場合は、2日から1週間程度で完了できるため、小切手で現金化するよりも短い期間でチップを現金化することができます。ただし、銀行振込に対応しているオンラインカジノが少数派なため、利用しているオンラインカジノによっては、銀行振込によるチップの現金化ができない可能性があります。

どちらの換金方法も正直微妙、というのが世間の評価らしく、NETELLERが使えなくなったからオンラインカジノで遊ぶのを辞めるという方が少なからずいるのも事実です。しかし、エコペイズを使えば、これらの問題はある程度解決できます。エコペイズとは、代替決済口座と呼ばれるモノです。エコペイズはカードを発行しているため、それを使えば日本のATMからお金を引き出すことが可能です。

エコペイズとは?

エコペイズとは、入出金できる電子財布e-Walletのような役割を持ち、オンラインの入出金をスムーズに行うことができるサービスです。オンラインカジノへの入出金をエコペイズを通して行えば、他に利用すべきサービスは何もなくなります。入金も出金も簡単にできるので、これからのオンラインカジノ決済の主力になりそうなサービスと言えるでしょう。

エコペイズを利用するうえでの注意点

エコペイズはカード発行を行っているので、そのカードを利用すれば入出金が簡単にできると思ってしまいますが、カードでできるのは出金のみです。エコペイズ口座への入金はカードからはできないのです。エコペイズ口座に入金する際は、クレジットカードや銀行振込、ビットコインなどを利用して行います。エコペイズカードでできるのは、ATMからの出金のみになります。これらのことに注意して、エコペイズを利用しましょう。

小切手を利用して換金する場合の注意点

小切手を換金する場合は、とても時間が掛かることを覚えておきましょう。さらに、身分証明証の提示や小切手の入手方法まで聞かれることがあります。小切手の入手方法で、オンラインカジノで勝ったお金、と答えると、最悪換金不可となるケースもあるので、銀行員に聞かれた際は、広告収入と答えることをおすすめします。

小切手が手元に届くまでに掛かる期間はおよそ2週間から3週間。小切手1枚につき、送料として2~10ドル程度掛かります。小切手を換金するには、印鑑、預金通帳、身分証明証が必要になります。次に、換金手数料として2,000円から6,000円程度掛かるので、小切手を換金するときは、必ず現金も持参してください。換金手続きをしてから、口座に振り込まれるまでの期間は3週間から4週間程度は掛かります。つまり、チップの換金方法に小切手を選択すると、申し込みから2ヶ月弱の期間が掛かるということです。さらに、面倒くさい手続きや高い手数料が掛かるため、小切手での換金方法はあまりおすすめできません。

銀行振込で換金する場合の注意点

銀行振込による換金方法は、小切手と比較するとスピーディーに行えるため、最近人気を集めている換金方法です。ただし、注意点をしっかり抑えていないと、予想外の手数料が掛かってしまうので、銀行振込による換金方法を選ぶ前に、しっかり注意点を抑えておきましょう。

まず、銀行振込でチップを換金すると、外国送金扱いになります。外国送金扱いになると、中継銀行が挟まる可能性が非常に高いので、手数料が高くなります。次に、外国通過を日本円にするために、為替手数料が発生します。取り扱う金額が多くなればなるほど、為替手数料も大きくなるので、換金する金額が多い人ほど、手数料も高くなります。つまり、銀行振込によるチップの換金方法は、スピーディーに現金を受取ることができますが、手数料が高くなるということです。メリットデメリットを考えると、銀行振込による換金方法はあまり賢い選択とは言えないでしょう。

gotoTop